アルコール依存症

定期的にお酒を飲み続ければ誰にでもアルコール依存症になる可能性はあるというのをご存知ですか?
アルコール依存症になるのはお酒を止める意志が弱いというわけではないのです。
それでもお酒をあまり飲まない人はアルコール依存症は自業自得と思っている人が多いようです。
アルコール依存症になると判断力が低下して他人に迷惑をかけることになったり、犯罪を犯してしまうことがあるので、タバコ依存症よりも大変です。
アルコール依存症のための薬を飲むと、お酒を飲むと吐き気やめまいが起きる薬のみです。
服用を止めてしまうことが多く、なかなか克服できないのが現状。
しかし新しくできた薬だと脳がお酒を飲みたいという欲求を和らげるものなので効果が期待されています。