狭心症の治療

運動中や興奮している時、階段の上りなどのときに心臓に負荷がかかり痛みが出ることがある人は狭心症を疑うことになります。
しかしその痛みが短かった場合は、危機感はあまりないし、気のせいだと思いたいという気持ちが出てくることでしょう。
5分くらいだから軽いものだと思って自分で判断するのは間違いです。
軽い場合は血液が流れやすくする薬で改善されます。
呼吸を変えれば体が若返るし疲れにくくストレスを感じにくくなります。
正しい呼吸とはどんなものでしょうか。
安静時の呼吸と呼吸検査器で一分間の呼吸数とその深さを測ります
同じ動作で個人差がかなりでます。
呼吸の数が多い人は緊張しやすく、不安感を感じる人ということになります。