選択肢が多いと困る

いるかいらないかと言われると、「いらない」と答えるものです。
しかし、3個以上の選択肢をつくると人は必ず選ぶ。
選ばないという選択肢はなくなっているわけではないのに選んでしまうんですね。
選択肢が20個になると選ぶのが嫌になってしまって選ばない。
8個か9個の選択肢が限界。
ああ~。よくわかります。
アンケートとかでたくさんあるともうどうでもよくなりますからね。
前のと矛盾するかもと思うともう適当で答えちゃいます。
コーヒーの香りをかぐと人は慈悲深くなる。
一般の道でお金を落とすより、カフェの前でお金を落とした方が戻ってくる確率が高い。
最近コンビニでもレジの横でコーヒーを売り始めていますよね。
そこにある募金箱にはコーヒー設置よりも増えているということもあります。