交番勤務の宇宙人

《交番勤務の宇宙人》という本を読みました。
タイトル通り、宇宙人が主人公です。
地球は宇宙人を理解してくれていて中でも日本が一番だ!
と思っている主人公の宇宙人。
地球で不良宇宙人を退治することを夢見ていたのに、
日本ではそんなことはしてなかったし宇宙人の存在もフィクションだと。
結局は交番に勤務することになります。
一番面白かったのはトラックの積み荷検査です。
宇宙人君がトラックのチェックをして、
先方にいる人に今行くトラックが過積載をしているかどうかを手で○か×で合図をするんです。
しかし、宇宙人君が×をしてしまったら強烈なビームが出てきてしまうからです。
そりゃ大変だ。(笑)
あとは迷子の宇宙人を見つけてほんわかしながら終了しました。