103歳の聖火ランナー

東京オリンピックで103歳の聖火ランナーがいらっしゃいます。
決まってからも室内でもトレーニングを重ねてきたそうです。
来年になると、出られないと思うとおっしゃっていて、それはちょっとお気の毒です。
でも逆に、じゃあと一年がんばろうってトレーニングを続けてくれればなと思うんです。
そしてパラリンピックの方は個人によってはとても深刻です。
それは病を抱えてパラリンピックに参加をする選手がいるからです。
この話しをしてくれたのは先輩薬剤師Iさんです。
生まれながらや事故で手足に欠損があるのがパラリンピックの選手だというイメージがありましたが、それだけではないということですね。
1人でも多くのアスリートが万全の体制で参加できることを願うばかりです。