千日回峰行達成

千日回峰行達成
何年もかけて修行をする荒行など、テレビで放送されているのを見ました。
一日60キロ歩くのを100日とか、何日間も飲まず食わず寝ることも許されずとか。
耐えた末に人から拝まれる対象になるというのが理解できません。
修行に耐えられず亡くなる人がいるくらいですから、本当に生命の限界に挑戦することなんでしょうね。
しかし、ですよ。
どんな修行をするかを決めたのは人間ですよね。
人間が決めたのであれば全てクリアできたからって神に近づいたわけではないと思います。
誰もがクリアできないことを成し遂げたことについては尊敬すべき対象になる、でしょう。
でもなんとなく腑に落ちない。
信仰している宗教はありませんけど、拝むのならやはり人ではないなと思います。

コメントは受け付けていません。